読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tweet of the moon.

Welcome to my blog and thank you.

【アニメ】四畳半神話大系

アニメ 京都

f:id:syuuichirou-k:20161119184304j:plain

四畳半神話大系」は独特な雰囲気を持つアニメ。あまり知らない人も多いと思います。受験期に見て、大学生ってこんななのかなんて密かに思ってました。ということで紹介していきます。

※ネタバレが含まれています

 

四畳半神話大系とは

原作は森見登美彦の小説であり、独特な言い回しが特徴の一人称小説である。他のアニメと一線を画すセリフ、一話の冒頭から言葉が雨あられのように降ってくる。このような感じで。

時計台の周辺は湧き上がる希望に頰を染めた新入生たちと、それを餌食にしようと手ぐすね引いているサークルの勧誘員たちで賑わっていた。幻の至宝と言われる「薔薇色のキャンパスライフ」への入り口が、今ここに無数に開かれているように思われ、私は半ば朦朧としながら歩いていた。

弱者に鞭打ち、強者にへつらい、わがままであり、傲慢であり、怠惰であり、天邪鬼であり、勉強をせず、誇りのかけらもなく、他人の不幸をおかずにして飯が三杯喰える。およそ褒めるべきところが一つもない。もし彼と出会わなければ、きっと私の魂はもっと清らかであっただろう。 

 

四畳半神話大系 (角川文庫)

四畳半神話大系 (角川文庫)

 

 

京都市を舞台に、京都大学3回生の主人公「私」が、1回生時にバラ色のキャンパスライフを思い描いて選んだサークルによって自らの大学生活をいかに変えていったか、その可能性を描いている。一話ごとに別のサークルに入った場合はどうなっているのか、いわゆるパラレルワールドでの「私」が描かれる。テニスサークル、映画サークル、サイクリングサークルなど、なかにはカルト宗教まで、バリエーションがありどれも馬鹿馬鹿しい話で飽きることがない。 

 

OPとED曲もイイ感じ。。。

迷子犬と雨のビート

迷子犬と雨のビート

 

 

 

登場人物

登場人物が一癖も二癖もある。

 私

f:id:syuuichirou-k:20161119185233j:plain

主人公であり、物語の語り手。農学部に所属する大学3回生で、元浪人生。プライドと理想は高いが、非活動的で社交性の低い地味な青年。理想の女性像は「ふはふはして、繊細微妙で夢のような、美しいものだけで頭がいっぱいな黒髪の乙女」。

小津

f:id:syuuichirou-k:20161119185402p:plain

「私」の宿敵であり盟友。偏食家であるため顔色が悪く、妖怪に例えられるほど不気味な風貌。3度の飯より悪行が好きな天邪鬼で、他人の不幸をおかずに飯が3杯食える。立ち回りが巧く、多くのサークルや組織に所属して京都中に広い人脈と情報網を築き、「私」とは対照的に無意義な学生生活を存分に楽しんでいる。

明石さん

f:id:syuuichirou-k:20161119185040j:plain

「私」と小津の、1年下の後輩。理知的でクールな黒髪の乙女であり、歯に衣着せぬ物言いで周囲を寄せ付けない。蛾だけが唯一の弱点で、蛾を前にすると「ぎょええええ」と漫画のような悲鳴を上げて取り乱す。

樋口師匠

f:id:syuuichirou-k:20161119185802j:plain

小津が「師匠」と呼び慕う自由人。大学8回生。常に悠然と構えていて、神秘的な気配と高貴さと暢気な笑顔を湛える。雰囲気は「良くて仙人、悪くて貧乏神」というのが「私」の評。「弟子」を取り、ほぼ彼らからの貢ぎ物だけによって生活している。

城ヶ崎

f:id:syuuichirou-k:20161119190038j:plain

映画サークルのカリスマ部長であり、水も滴る良い男でナルシストである。しかし、私生活では「香織」と名付けたラブドールの愛好家という一面を持つ。また、乳好き。

羽貫さん

f:id:syuuichirou-k:20161119190910j:plain

 

覇気が漲り薙刀が似合いそうな凛々しい美女である。好物はカステラと酒。酒癖が悪く、うっかり酒に付き合った者は地獄のエンドレスナイトを味わう。ひどく酔うと人の顔を舐める癖がある。

 

まとめ

アニメ界の中の異端児「四畳半神話大系」。薔薇色のキャンパスライフを追い求める「私」の生き様、リアリティがあってなんとも素晴らしい作品になっている。セリフ・絵ともに独特で一度見てみる価値はあります。ぜひに。。。

 

四畳半神話大系 Blu-ray BOX

四畳半神話大系 Blu-ray BOX