読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tweet of the moon.

Welcome to my blog and thank you.

【レビュー】Kindle Paperwhite

Kindle Amazon

家で本をたくさん置くとスペースがなくなってきちゃいますよね。どこに置いたかわからなくなるなんてことも…

でも電子書籍ならそんな心配はない。ということでKindlepaperWhite買いました。さっそくレビューしていきたいと思います!

 

 

 

 

 

Kindle Paperwhiteの概要

みなさんご存知だとは思いますがKindle電子書籍です。色は黒と白の二色あり、Wi-FiのみかWi-Fi+無料3G、広告付きか広告なしバージョンかを選択する事によって値段が変わってきます。Kindleはキャンペーンで安くなった時に買うのがお得です。でも、今回はセールを待つことができずに買っちゃいました。もう一度言います、欲しいと思った時が買い時!!

でも、どれを買ったらいいか迷いますよね。そんな方は↓を参考にしてください。

  • Wi-Fiのみ    → 日常的に使う分にはこれで十分
  • Wi-Fi+無料3G → 外出する事が多く、家で本をダウンロードする時間がない人向け

※値段は少し高くなるけど広告なしバージョンを買うのがオススメ!

※充電器はUSB端子のものが同梱されているのでコンセントの変換があると便利!

 

 

さっそく使ってみる

今回買ったのは黒のKindle Paperwhite

付属品は

  • 本体
  • USB充電ケーブル
  • 説明書

 

表面はマットな感じ。手にすっぽりと収まるサイズで片手でも持ちやすい!

f:id:syuuichirou-k:20161001140121j:plainf:id:syuuichirou-k:20161001140106j:plain

Kindle電子ペーパーなので電源をオフにしても画面に絵が表示されます。初めは電源切れているのかどうかわからず心配になりました。 笑

で、肝心の本は読みやすいのかどうか。。。

f:id:syuuichirou-k:20161001140510j:plain

f:id:syuuichirou-k:20161001150953j:plain

 

 

すごいですね。めちゃめちゃ紙の質感が表現されている。紙とほぼ変わらないんじゃないの?スマホタブレットの画面とは違って、紙に書かれたのっぺりとした感じがします。目に優しいく、心地いいです。バックライトが付いているので暗いところでも読めます。

※同梱されているのはUSBの充電ケーブルだけなのでコンセントに変換するプラグを買うのがオススメです。 

 

 

 

  

操作方法と機能

ページは左のページに進むときは画面の左をタップ、右のページに進むときは画面の右をタップ。直感的な操作で読み進める方ができます。スクロールバーでページをまとめて飛ばすこともできます。

Kindleの大きな特徴といえる辞書機能。わからない用語が出てきたときはその部分を軽く押さえるだけで「辞書」「Wikipedia」を開くことができます。読書中にわからない用語を調べられるのは電子書籍の強みですね!使い勝手もいいです。

本の中で気になるところにマーカーを引いたり、ページにしおりをつけることもできます。しおりは複数ページに作ることができて、メニューからしおりをつけたページを一覧で見ることができます。Kindleは読んでいるページを覚えてくれるので、いわゆる紙の本ようなしおりは必要ありません。しおり機能は気になったページをマークするために使うのがベストでしょう。普段使う機能はこれくらいで、他にも単語帳を作れたり、FacebookTwitter、メールでシェアすることができます。

 

 本の買い方

Kindle本はAmazonのサイトで買ってもいいのですが、Kindleから直接本を買うこともできます。ここで注意なのですが、Kindleから直接買う場合はAmazonでの通常の買い物と違って「1-Clickで買う」ことしかできません。間違って本を買ってしまった場合は、購入直後の画面で「ご注文をキャンセル」しましょう!

Kindle ストア

 

感想

実際に本を読んでみて感じた事は、小説・漫画Kindleで読むのがオススメ!外に本をたくさん持ち歩くのは重くて大変ですよね。ただ、ページをまたいで読みたい本などは紙の物を買ったほうがいいでしょう!(教材とかビジネス書とか)理由は簡単で、Kindleではページをまたいでみるときに何度も繰り返していると、わずらわしくなってきてしまいます。電子書籍に対応していない本もたくさんあるので、そういう場合は素直に紙の物を買いましょう。また、Kindleアプリを入れればスマホでもPCでもタブレットでも本が読めちゃいます。Kindleは白黒なのでカラーの本を読むときはスマホタブレットで見ましょう。

気軽に持ち運べて電池の持ちも素晴らしい。アリですよ、電子書籍これからも愛用していきたいと思います。

また、Amazonではときどき本のセールが開催されます。そのときに本をまとめ買いするのもいいかも。。。

みなさんもKindleで快適な読書生活はじめませんか??